浴室を直す

住宅において、もっとも経年により劣化しやすい場所がキッチンやトイレ、また浴室などの水回りです。そのため30年も経てば設備の修理や抜本的にリフォームを行うことになります。 浴室リフォームの種類としては、水栓や浴槽、給湯装置などの部分的な部品の交換から、抜本的に浴室内のすべての設備を更新したりユニットバスなどに交換といったものが行われます。特に浴室リフォームで人気なのがユニットバスを新しいものにすることです。タイル貼りの浴室では冬場は寒いといったデメリットがありますが、FRP製で出来ているユニットバスであれば冬も暖かです。 またすでにユニットバスが設置されている場合には、交換も容易に行えるので費用の節約にもなります。

浴室リフォームを取り扱っているのは、住宅メーカーや工務店のほか、専門のリフォーム業者などに依頼することになります。しかし、多くの場合には、これらの業者では専門の下請け業者に仕事を外注することになります。 浴室リフォームのうち浴槽の交換やタイル貼りの交換であれば水道設備を行う業者が主に行うことになります。問題となる場所を修理するのであれば時間は掛かりませんが、タイル貼りなどを行う場合には乾くまでの時間が必要など施工に時間が掛かることになります。一方でユニットバスであれば組み立てるだけなので短時間で施工が可能ですし、水道および給湯設備が整っていれば、すぐに利用できます。ユニットバスの設置は、ユニットバスのメーカー指定業者が行うのが一般的です。